Vol.43(No.1〜No.4) 2017年

Vol.43  No.1 特集:子どもと家族の抱える課題とソーシャルワーク  本体1,200円+税

巻 号 項  目 論文名 執筆者名
43-1(169) 巻頭言

子ども食堂に想う

牧里 毎治
43-1(169) 特集論文

子ども家庭の抱える課題とソーシャルワーク

山縣 文治
43-1(169) 特集論文

子どもの貧困対策からみた家族支援とジェンダー規範

湯澤 直美
43-1(169) 特集論文 全ての子育て家庭を対象としたソーシャルワーク
  ―子育てに困り感を抱える親たちへの支援とソーシャルワーク―
橋本 真紀
43-1(169) 特集論文 里親支援体制の構築とソーシャルワーク 宮島 清
43-1(169) 特集論文 発達障害の子どもと家族のソーシャルワーク 宮下 佳子
43-1(169) 講 座

スクールソーシャルワークの実践展開[1]
  :ケースの発見と情報収集

大塚美和子
43-1(169) 事例研究 個別事例を起点に展開する地域を基盤としたソーシャルクアクション
  ―地域住民の気づきを促すソーシャルワーカーの働きかけに焦点をあてて―
山東 愛美
43-1(169) ソーシャルワーク最前線

ソーシャルワーカーの視点
  ―大野圭介さんに聞く「就労継続支援B型事業所の運営」を通して ―

聞き手:志村 健一
43-1(169) 洋書掘り出しコーナー

Julie Bywater and Rhiannon Jones (2007) Sexuality and Social Work,Learning Matters Ltd.

平澤 恵美
43-1(169) 国際ソーシャルワーク情報

国際ソーシャルワーク組織にみるソーシャルワーク教育とサービスユーザーとの協働の促進

木村真理子
43-1(169) 書 評

北島英治著『グローバルスタンダードにもとづくソーシャルワーク・プラクティス』(ミネルヴァ書房,2016)

空閑 浩人
Vol.43 No.2  特集:生活支援サービスとソーシャルワーク  本体1,200円+税 
43-2(170) 巻頭言 ソーシャルワークとライフ(Life) 小原眞知子
43-2(170) 特集論文 生活支援サービスとソーシャルワーク 牧里 毎治
43-2(170) 特集論文 生活支援サービスの基盤整備とコーディネート機能 和田 敏明
43-2(170) 特集論文 地域包括ケアと住民活動
  ─動機に基づく実践とそのコーディネート─
室田 信一
43-2(170) 特集論文

生活支援サービスとソーシャル・キャピタル
  ─生活支援サービスはソーシャル・キャピタルを醸成できるか─

小松理佐子
43-2(170) 講  座

スクールソーシャルワークの実践展開[2]
  :アセスメントとプランニング

大塚美和子
43-2(170) 事例研究

児童養護施設における子どもの成長
  ─レジリエンスを分析枠組みとした事例研究─

篠塚利別香、福島喜代子
43-2(170) ソーシャルワーク最前線

離島における社会福祉協議会の活動について
  ─今治市社会福祉協議会 島崎義弘さんに聞く─

聞き手:牧里毎治
43-2(170) 洋書掘り出しコーナー

Dominelli, L. (2012) Green Social Work: From Environmental Crises to Environmental Justice. Polity Press.

Virag Viktor
43-2(170) 国際ソーシャルワーク情報 アジア太平洋地域における児童家庭問題・災害対応のソーシャルワーク実践に関するワークショップ開催支援事業 平田美智子
Vol.43 No.3  特集:当事者・地域住民の参画をうながす技法   本体1,200円+税 
43-3(171) 巻頭言 JKビジネスに想うこと 久保 美紀
43-3(171) 特集論文 ソーシャルワーク実践における当事者・住民の参画をうながすことの基本的視点 加山  弾
43-3(171) 特集論文 障害当事者の政策形成過程への参画を支援する
─自立支援協議会の取り組みを踏まえて─
沖倉 智美
43-3(171) 特集論文 当事者の「声」を聞くこととソーシャルワーク
  ─母子家庭の母のアセスメントを通じて─
小林 恵一
43-3(171) 特集論文

改正地域福祉計画と地域住民等の参加の諸相

原田 正樹
43-3(171) 特集論文

高齢者の社会参加とナラティヴ・アプローチの可能性

渡辺 晴子
43-3(171) 講  座

スクールソーシャルワークの実践展開[3]
  :子どものアドボカシー

大塚美和子
43-3(171) 事例研究

退院援助における「狭間」についての一考察
  ─回復期リハビリテーション病棟でのソーシャルワーク実践の一例から─

久保 茂樹
43-3(171) ソーシャルワーク最前線

都心でのコミュニティサロンの場を通してこれからの地域のソーシャルワークを考える
  ─みんなんち・みつ蛍 代表理事 中野敏子さんに聞く─

聞き手:久保美紀
43-3(171) 国際ソーシャルワーク情報 東南アジア諸国のソーシャルワークの発展を志向するASEAN諸国連合加盟国の協働 木村真理子
43-3(171) 書 評

大島巌『マクロ実践ソーシャルワークの新パラダイム──エビデンスに基づく支援環境開発アプローチ〜精神保健福祉への適応例から〜』(有斐閣,2016)

芝野松次郎
43-3(171) 短 評

福島喜代子編著,結城千晶著『事例で学ぶ認知症の人の家族支援─認知行動療法を用いた支援プログラムの展開─』(中央法規,2017)

石附 敬
43-3(171) 短 評

小原眞知子・高山恵理子・高瀬幸子・山口麻衣著『ソーシャルワーカーによる 退院における実践の自己評価』(相川書房,2017)

小西加保留
Vol.43 No.4  特集:家族支援とソーシャルワーク   本体1,200円+税 
43-4(172) 巻頭言 ソーシャルワーカーはなぜAI時代でもロボットや人工知能に代替されないか? 福島喜代子
43-4(172) 特集論文

現代社会における家族支援のあらたな展開

杉井 潤子
43-4(172) 特集論文

ソーシャルワーク実践における家族レジリエンス

得津 愼子
43-4(172) 特集論文

子ども虐待と家族支援
  −日・米・仏の3か国間での比較研究をもとに考える−

畠山由佳子
43-4(172) 特集論文

要介護高齢者と家族支援

菊池 信子
43-4(172) 特集論文

複合的な生活困難を抱える母と子の支援
  −「ソーシャルワークと家族」再考を求めて−

横山登志子
43-4(172) 講  座

スクールソーシャルワークの実践展開 [4]
  :支援の実行とモニタリング

大塚美和子
43-4(172) 事例研究

状況的学習論を意図した「出逢い直し」による地域変革のすすめ
  ─実践を地域に「ひらく」ことで生じる相互アイデンティティの変容─

中島 康晴
43-4(172) ソーシャルワーク最前線

ソーシャルワークの学び、そして今……
  ─ハワイでの学びと実践を選択したHiroko Kobiraさんに聞く─

聞き手:志村 健一
43-4(172) 洋書掘り出しコーナー

Helen Lavretsky (2014) Resilience and Aging. Johns Hopkins University Press.

陳 礼美
43-4(172) 国際ソーシャルワーク情報 国境を越える子どもへのソーシャルワーク
  −中国・深_でのアジア太平洋地域ソーシャルワーク合同会議から−
平田美智子
43-4(172) 短 評

川村隆彦,倉内恵里子著『保育者だからできるソーシャルワーク
  −子どもと家族に寄り添うための22のアプローチ−(中央法規,2017)

土田美世子