Vol.3(No.1〜No.4)1977年
Vol.3 No.1 定価 735円(本体700円) 在庫僅少
巻号 項目 論文名 執筆者名
3−1(9) 巻頭言 ソーシャルワーク教育の問題点 岡田 藤太郎
3−1(9) 論  文 我が国における社会福祉教育の現状と課題 松本 武子
3−1(9) 論  文 ソーシャルワーク教育の諸問題
−最近の新しい事態に照らして−
ワーナー・W・
ベーム 著
川田 誉音 訳
3−1(9) 事例研究 この世帯はどうなる 編集部
3−1(9) 研究ノート ギャレット研究
−「ソーシャル・ケースワークの専門職としての基礎」を中心に−
藤本 昇
3−1(9) 講  座 <ケースワーク研究 I>ケースワークに対する批判をめぐって
−有効な援助の方向を目指して−
山崎 道子
3−1(9) 特別寄稿 ケースワークと新実存主義的カウンセリング 竹内 愛ニ
3−1(9) 資  料 ソーシャルワーカー現任訓練の現状と課題
−社会福祉研修所をめぐって−
小田 兼三
3−1(9) 書  評 V.ジョージ、P.ウィルディング共著『イデオロギーと社会福祉』 岡田 藤太郎
3−1(9) 書  評 ウォルター・A・フリードランダー『国際社会福祉』 岡田 藤太郎
3−1(9) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.6 No.2 1976 編集部
3−1(9) 海外雑誌論文 Social Work Today Vol.7 No.2 No.4 1976 編集部
3−1(9) 海外雑誌論文 Social Service Review Vol.50 No.2 1976 編集部
3−1(9) 海外雑誌論文 Social Casework March,1976 編集部
3−1(9) 海外雑誌論文 Social Casework May,1976 編集部
3−1(9) 海外雑誌論文 Social Work March,1975 編集部
3−1(9) 海外雑誌論文 Social Work May,1976 編集部
3−1(9) 世界のソーシャルワーカー紹介 <デンマーク>
ヤーン・ピーターソンさん Mr.Jorgen Petersen
足利 量子
 
Vol.3 No.2 定価 735円(本体700円)
3−2(10) 巻頭言 社会福祉を外国に学ぶ姿勢について 岡田 藤太郎
3−2(10) 論  文 コミュニティ・オーガニゼーションの今日的課題 前田 大作
3−2(10) 論  文 コミュニティ・ディベロップメントに関する主要な課題と将来の方向 T.R.Batten 著
雀部 猛利 訳
3−2(10) 事例研究 ここにはもういたくないの 編集部
3−2(10) 研究ノート 精神薄弱者(児)のコミュニティ・ケアとコロニー 冨永 雅和
3−2(10) 講  座 <ケースワーク研究 II>
課題中心ケースワーク(1) −その構成要素を中心に−
山崎 道子
3−2(10) 特別寄稿 日本のソーシャルワークの過去・現在・未来 ドロシー・デッソー
3−2(10) 資  料 ホームヘルプサービスの現状 田中 荘司
3−2(10) 書  評 M・ジェイムス、D・ジョングウォード共著/
本明寛、織田正美、深沢道子訳
『自己実現への道−交流分析(TA)の理論と応用−』
畠山 龍郎
3−2(10) 書  評 寺本喜一著『ケースワークと社会』 畠山 龍郎
3−2(10) 海外雑誌論文 Social Work Today Vol.8 No.6,7 1976 編集部
3−2(10) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.6 No.3 1976 編集部
3−2(10) 海外雑誌論文 Social Service Review Vol.50 No.4 1976 編集部
3−2(10) 海外雑誌論文 Social Casework December,1976 編集部
3−2(10) 海外雑誌論文 Social Casework October,1976 編集部
3−2(10) 海外雑誌論文 Social Work September,1976 編集部
3−2(10) 海外雑誌論文 Social Work May,1976 編集部
3−2(10) 世界のソーシャルワーカー紹介 <イギリス>
ブロムレー社会福祉協議会のドリューさん Mrs.P.Drew
久保 紘章
 
Vol.3 No.3 定価 735円(本体700円)
3−3(11) 巻頭言 社会福祉サービス配達における中心テーマ −官僚制の問題− 岡田 藤太郎
3−3(11) 論  文 新老人ケア論 田中 多聞
3−3(11) 論  文 西ドイツの老人福祉サービス 亀田 ディター 著
岡田 藤太郎 訳
3−3(11) 論  文 ケースワークと社会 フローレンス・
ホリス 著
清水 彩子 抄訳
荒川 義子 監訳
3−3(11) 事例研究 あなたが好きです 編集部
3−3(11) 研究ノート 老人自殺の事例的研究 −自殺老人のタイプ− 高林 孝志
3−3(11) 講  座 <ケースワーク研究 III>
課題中心ケースワーク(2)−その展開過程−
山崎 道子
3−3(11) 特別寄稿 ドイツ社会福祉会議に参加して 亀田 悦子
3−3(11) 書  評 松本武子編著『里親制度 −その実践と展望−』 畠山 龍郎
3−3(11) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.6 No.4 1977 編集部
3−3(11) 海外雑誌論文 Social Work Today Vol.8 No.2,12 1977 編集部
3−3(11) 海外雑誌論文 Social Service Review Vol.51 No.1 1977 編集部
3−3(11) 海外雑誌論文 Social Casework April,1977 編集部
3−3(11) 海外雑誌論文 Social Casework January,1977 編集部
3−3(11) 海外雑誌論文 Social Work May,1977 編集部
3−3(11) 世界のソーシャルワーカー紹介 <西ドイツ>
フリッツ・フォイフェマン Fritz Heuveman −その人と仕事−
亀田 ディター
亀田 悦子 訳
 
Vol.3 No.4 定価 735円(本体700円)
3−4(12) 巻頭言 ボランティアの存在理由 岡田 藤太郎
3−4(12) 論  文 我が国のボランティア活動に関する課題 吉沢 英子
3−4(12) 論  文 市民参加のシステム化とその評価
−大阪ボランティア協会の実践を踏まえて−
高森 敬久
3−4(12) 事例研究 夫と別れる決心がつきました 編集部
3−4(12) 研究ノート 地域福祉活動としての保健所精神衛生業務検討
−集団機能の位置づけをめぐって−
岩田 泰夫
岡村 正幸
3−4(12) 講  座 <ケースワーク研究 IV>
課題中心ケースワーク(3)−際立った局面,方策,技術−
山崎 道子
3−4(12) 特別寄稿 第3回日本医療福祉学会(仮称)基調講演
「森永ヒ素ミルク14年目の訪問に私を立ち上がらせたものは何だったか」
丸山 博
司会,聞き手:長倉 功
3−4(12) 資  料 ボランティア活動の課題と展望− 一連の資料から− 木谷 宣弘
3−4(12) 書  評 リチャード・M・ティトマス著『社会(福祉)政策入門』 編集部
3−4(12) 書  評 高森敬久・小田兼三・竹内安子・岡本栄一共著
『社会福祉とボランティア −新しいコミュニティと家族の論理−』
大利 一雄
3−4(12) 海外雑誌論文 Social Work Today Vol.8 No.37,41 1977 編集部
3−4(12) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.7 No.2 1977 編集部
3−4(12) 海外雑誌論文 Social Service Review Vol.51 No.2 1977 編集部
3−4(12) 海外雑誌論文 Social Casework March,June 1977 編集部
3−4(12) 海外雑誌論文 Social Work September,November 1975 編集部
3−4(12) 世界のソーシャルワーカー紹介 <日本>
浅賀 ふさ氏(日本福祉大学名誉教授)
田野 美登里