Vol.37(No.1〜No.4) 2011年

Vol.37 No.1 特集:地域を基盤としたソーシャルワーク  定価 1,260円(本体1,200円)

巻 号 項  目 論文名 執筆者名
37-1(145) 巻頭言

被災地で汗流す若者のライフスタイルから学ぶ

山崎 美貴子
37-1(145) 特集論文

地域を基盤としたソーシャルワークの特質と機能
  ─個と地域の一体的支援の展開に向けて─

岩間 伸之
37-1(145) 特集論文

地域住民との協働による相談援助活動の展開
  ―「まちかど福祉相談所」の分析から―

高橋 俊行・後藤 康子・浅尾 和弘・帰山 重憲 小澤 眞由美・濱吉 信彰・能仁 秀信
37-1(145) 特集論文 地域で展開する相談支援の特質 岡田 尚子
37-1(145) 特集論文 ソーシャルワークにおけるアウトリーチの展開 福富 昌城
37-1(145) 特集論文

地域におけるネットワークと資源開発
  ―分析視点の深化についての試論―

小林 理
37-1(145) 講 座 ソーシャルワークとアクションリサーチ[1] 武田 丈
37-1(145) 事例研究 地域とともに築く多様なセーフティネットのかたち
  ―大阪府B市におけるコミュニティソーシャルワーク実践をとおして―
室田 信一
37-1(145) 現場から提起する
ソーシャルワークの課題
独立型社会福祉士が果たすソーシャルワーク機能
  ―地域を基盤としたソーシャルワーク実践とその課題―
柳田 明子
37-1(145) 実践報告 地域で展開する住民主体の相談援助活動
  ―「すずの会」実践紹介―
鈴木 恵子
37-1(145) 我が師を語る 根本博司先生の歩まれた道 高橋 幸三郎
37-1(145) 海外雑誌論文紹介 Social Work Vol.15 No.4 October 2010 横山 穰
37-1(145) 書 評 山口稔『コミュニティ・オーガニゼーション統合化説─マレー・G・ロスとの対話─』 加山 弾
Vol.37 No.2  特集:資格制度がソーシャルワークにもたらしたもの 定価 1,260円(本体1,200円)
37-2(146) 巻頭言 資格への誇りが生み出すもの 北川 清一
37-2(146) 座談会 資格 制度とソーシャルワーク実践への影響 川向 雅弘・堀越 由紀子・山田 勝美 司会:山崎 美貴子
37-2(146) 特集論文 社会福祉士資格がソーシャルワークにもたらしたもの
  ─社会福祉士の実践領域を概観して─
横山 豊治
37-2(146) 特集論文 介護福祉士資格がソーシャルワークにもたらしたもの
  ─介護福祉士にソーシャルワークは不要なのか─
八木 裕子
37-2(146) 特集論文 精神保健福祉士とソーシャルワーカー 吉川 公章
37-2(146) 特集論文

資格制度がソーシャルワークの教育と研究にもたらしたもの
  ─大学における社会福祉士養成教育を手掛かりとして─

志村 健一
37-2(146) 講 座

ソーシャルワークとアクションリサーチ[2]
   PLAによる組織のエンパワメント

武田 丈
37-2(146) 事例研究

地域における自立した生活を支える
  ─利用者の希望に応える支援をとおして─

皆川 明子・山本 誠
37-2(146) 現場から提起する
ソーシャルワークの課題
制度の狭間にソーシャルワーカーが挑むために必要なこと 片岡 哲司
37-2(146) 我が師を語る 山崎美貴子先生 社会福祉援助活動の発展への飽くなき探求と貢献
  ─先生の優しいまなざしを通してソーシャルワーカーとして、また人間としての生き方を学ぶ─

伊藤 わらび
37-2(146) 海外雑誌論文 Social Work Vol.56 No.1 Junuary 2011 横山 穰
37-2(146) 短 評 岩田 正美監修/白澤 政和・岩間 伸之編著『ソーシャルワークとはなにか』 石田 慎二
37-2(146) 短 評 山井 理恵『利用力/提供力を促進するケアマネジメント』
  ─支援困難なクライエントに対する実践活動の質的研究─

稲垣 美加子
Vol.37 No.3  特集:当事者活動とソーシャルワーク 定価 1,260円(本体1,200円)
37-3(147) 巻頭言 当事者支援とソーシャルワーク 石川 到覚
37-3(147) 特集論文 セルフヘルプグループとセルフヘルプ・サポーター、そしてソーシャルワーク
  ―自死遺族「本人の会」の事例を用いた理論的考察―
岡 知史・Thomasina Borkman
37-3(147) 特集論文 役割の複数化
  ―当事者とソーシャルワーカーの協働に向けた試論―
横須賀 俊司
37-3(147) 特集論文 北米におけるピアスペシャリストの動向と課題 相川 章子
37-3(147) 特集論文 当事者が参画するソーシャルワーク教育
  ―当事者に学ぶということ―
久保 美紀
37-3(147) 研究ノート

回復期リハビリテーション病棟におけるソーシャルワーク実践の 「原理」についての実証的研究

衣笠 一茂
37-3(147) 講 座

ソーシャルワークとアクションリサーチ[3]
   フォトボイスによるコミュニティのエンパワメント

武田 丈
37-3(147) 事例研究

ソーシャルワークにおける「専門職としての揺らぎ」
  ─子どものネグレクトを抱える世帯への支援─

久保田 純・村松 愛子・國吉 安紀子・ 樋口 明子・新保 祐光・佐藤 豊道
37-3(147) 現場から提起する
ソーシャルワークの課題
制度の狭間にソーシャルワーカーが挑むために必要なこと 片岡 哲司
37-3(147) 海外雑誌論文 Social Work Vol.56 No.2 April 2011 横山 穰
37-3(147) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.40 No.6 September 2010 引馬 知子
37-3(147) 書 評 岡田 朋子『支援困難事例の分析調査―重複する生活課題と政策とのかかわり―』 志村 健一
37-3(147) 短 評 横須賀 俊司・松岡 克尚編著『障害者ソーシャルワークへのアプローチ
  ―その構築と実践におけるジレンマ―』

小山 聡子
Vol.37 No.4  特集:ソーシャルワークとグリーフワーク 定価 1,260円(本体1,200円)
37-4(148) 巻頭言 東日本大震災と地域再生 牧里 毎治
37-4(148) 特集論文 ソーシャルワーク実践とグリーフワーク 木原 活信
37-4(148) 特集論文 ホスピス・緩和ケアにおけるグリーフサポートとソーシャルワーカーの役割 岩本 喜久子
37-4(148) 特集論文 子どもを亡くした親のグリーフワーク 三輪 久美子
37-4(148) 特集論文 自死遺族のグリーフワーク 長谷川 万由美
37-4(148) 特集論文

赤ちゃんを亡くされた遺族へのグリーフケア
  ─遺族のケアニーズの一考察─

関谷 共未
37-4(148) 講 座

ソーシャルワークとアクションリサーチ[4]
   「新QC7つ道具」を活用したアクションリサーチ

武田 丈
37-4(148) 事例研究

発達障害をもつ成人男性への支援の一事例
  ─路上生活者支援施設における実践報告─

逵 健志
37-4(148) 現場から提起する
ソーシャルワークの課題
新たな支え合いの地域づくりに必要なこと 大竹 宏和
37-4(148) 海外雑誌論文 Social Work Vol.56 No.3 July 2011 横山 穰