Vol.35(No.1〜No.4) 2009年

Vol.35 No.1 特集:ソーシャルワークと現任研修  定価 1,260円(本体1,200円)

巻 号 項  目 論文名 執筆者名
35-1(137) 巻頭言

「総合的かつ包括的な相談援助」の本質

岩間 伸之
35-1(137) 特集論文

ソーシャルワークと現任研修

石川 到覚
35-1(137) 特集論文

現任研修プログラムのあり方について
  ―職員を支えるフォローアップ研修の取り組み―

新保 美香
35-1(137) 特集論文 ソーシャルワークの基本スキルの向上と現任研修
  ―OJTの視点から―
空閑 浩人
35-1(137) 特集論文 福祉人材と研修制度 田村 綾子
35-1(137) 研究ノート 治療共同体Amityにおける「治療共同体援助技術」とその学習過程に関する研究
  ―共同体志向の援助技術と当事者性への着目―
引土 絵未
35-1(137) 講 座 人間:環境:時間:空間の交互作用[1] 佐藤 豊道
35-1(137) 事例研究 マイノリティのなかのマイノリティを支える
  ―障害児と貧困と外国人の家族の支援を通して―
雨宮 寛
35-1(137) 現場から提起する
ソーシャルワークの課題
急性期医療におけるソーシャルワーカーの介入方法の検討
  ―介入機関の確保による援助の向上に向けて―
萬谷 和広
35-1(137) 我が師を語る ソーシャルワークの科学論・実践論の師 岡本民夫先生(1936・5・17〜) 平塚 良子
35-1(137) 海外雑誌論文 Social Work Vol.50 No.2 2009 横山 穰
35-1(137) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.38 No.8 December 2008 引馬 知子
35-1(137) 短 評 田中英樹監訳『ストレングスモデル 精神障害者のためのケースマネジメント』 青木 聖久
Vol.35 No.2  特集:ソーシャルワークの研究方法 定価 1,260円(本体1,200円)
35-2(138) 巻頭言 科学的研究の行方 山崎 美貴子
35-2(138) 特集論文 ソーシャルワークの研究方法:ソーシャルワーク研究の発展に向けて 渡部 律子
35-2(138) 特集論文 研究テーマの抽出方法と研究計画の設計 佐藤 豊道
35-2(138) 特集論文 ソーシャルワークの演繹的研究方法 和気 純子
35-2(138) 特集論文 ソーシャルワーク研究における帰納的研究方法の意義と課題
  −「当事者研究」を通しての考察−
大瀧 敦子
35-2(138) 特集論文 ソーシャルワークにおける先行研究検討の意義と文献検索の方法 木原 活信
35-2(138) 特集論文 ソーシャルワーク研究における批判的分析の方法
  −児童養護施設実践を素材にして−
北川 清一
35-2(138) 研究ノート ソーシャルワーク実践における成年後見制度の活用の可能性
  −ソーシャルワークの機能強化に向けた活用のあり方に焦点を当てて−
鵜浦 直子
35-2(138) 事例研究 ソーシャルワーク実践における記録の意義の再発見
  −小児がんの再発例の患児家族とのかかわりを通して−
樋口 明子
村松 愛子
久保田 純
新保 祐光
佐藤 豊道
35-2(138) 現場から提起する
ソーシャルワークの課題
ホームレスの人たちの健康支援と、支援ハウスを通じて見る問題解決の行方 金沢さだこ
35-2(138) 我が師を語る 社会福祉と内発的発展 高田眞治の思想から学ぶ 小笠原 慶彰
35-2(138) 海外雑誌論文 Social Work Vol.51 No.1 2009 横山 穰
35-2(138) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.39 No.1 January 2009 引馬 知子
Vol.35 No.3  特集:外国人支援とソーシャルワーク 定価 1,260円(本体1,200円)
35-3(138) 巻頭言 人間の多様性ということ 久保 美紀
35-3(138) 特集論文 日本における多文化ソーシャルワークの実践と研究の必要性 武田 丈
35-3(138) 特集論文 在日フィリピン人コミュニティの自助組織活動 Nicolle Comafay
Martha Mensendiek
35-3(138) 特集論文 外国人DV被害者に対するソーシャルワーク実践に関する考察
  −母子生活支援施設における被害者支援の聞き取り調査から−
寺田 貴美代
35-3(138) 特集論文 在日コリアン高齢者に対するソーシャルワーク 文 鐘聲
35-3(138) 特集論文

難民支援とソーシャルワーク
   −エコロジカル・アプローチを用いた日本におけるソーシャルワーク実践に関する−考察−

高杉 公人
35-3(138) 特集論文 沖縄からの移住者コミュニティへの支援
  −ポストコロニアリズムへの照射とソーシャルワークの課題−
加山 弾
35-3(138) 研究ノート エコロジカル視点によってとらえる在宅高齢者のライフストレッサーとソーシャルワーク機能
  −地域包括支援センターおよび在宅介護支援センターにおける援助事例分析の試み−
武居 幸子
35-3(138) 講  座 人間:環境:時間:空間の交互作用 佐藤 豊道
35-3(138) 事例研究 アルコール関連問題に対するソーシャルワーク実践の課題
  −生活支援の取り組みを中心とした事例経過の分析から−
藤田 さかえ
35-3(138) 現場から提起する
ソーシャルワークの課題
「厚生関係施設等における軽度・境界域の知的障害者支援プログラム」の作成
  −路上生活を余儀なくされた知的障害者の地域復帰を目指して−
松江 暁子
バックアップセンター自主研修グループ
35-3(138) 我が師を語る 角の取れた鬼コーチは生涯現役の師  −武田建先生− 芝野 松次郎
35-3(138) 海外雑誌論文 Social Work Vol.54 No.2 2009 横山 穰
35-3(138) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.39 No.2 March 2009 引馬 知子
35-3(138) 書  評 太田義弘編著『ソーシャルワーク実践と支援科学 −理論・方法・支援ツール・生活支援過程−』 岩間 伸之
35-3(138) 短  評 社団法人日本社会福祉教育学校連盟訳
  『「ソーシャルワーク」の定義,倫理,教育・養成に関する世界基準』
鵜浦 直子
Vol.35 No.4  特集:ソーシャルワーク・リサーチの技法 定価 1,260円(本体1,200円)
35-4(139) 巻頭言 実践と研究の揺らぎから循環へ 石川 到覚
35-4(139) 特集論文 ソーシャルワーク実践としてのリサーチ(調査)の位置づけと体系的整理 志村 健一
35-4(139) 特集論文 ソーシャルワーク実践における効果測定の技法 石川 久展
35-4(139) 特集論文 地域におけるニーズ把握とリサーチ(調査)技法
  −3つのニーズに着目して−
金井 敏/td>
35-4(139) 特集論文 クライエントのリスク把握のための技法
  −精神保健福祉に焦点を当てて−
金田 知子
35-4(139)) 特集論文

ソーシャルワーカーに求められる質的調査の技法
   −修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチの場合−

横山 登志子
35-4(139) 研究ノート 家族ソーシャルワークにおけるナラティヴ・アプローチの展開
  −認知症介護家族との実践を通して−
安達 映子
35-4(139) 講  座 人間:環境:時間:空間の交互作用 佐藤 豊道
35-4(139) 事例研究 対人援助職へのスーパービジョン実践の考察
  −ソーシャルワークのマクドナルド化を考える−
堀越 由紀子
35-4(139) 現場から提起する
ソーシャルワークの課題
知的障害者入所更生施設利用者のニーズ把握
  −将来生活と地域移行支援の視座−
山本 杉樹
35-4(139) 我が師を語る わが師  岩本正次先生 谷中 輝雄
35-4(139) 海外雑誌論文 Social Work Vol.54 No.2 2009 横山 穰
35-4(139) 書  評 牧里毎治・山野則子編著『児童福祉の地域ネットワーク』 小川 恭子
35-4(139) 短  評 マイケル・ホワイト/小森康永他訳『ナラティヴ実践地図』 栄 セツコ