Vol.30(No.1〜No.4)2004年
Vol.30 No.1 特集:2003年度公開シンポジウム報告 定価 1,260円(本体1,200円)
巻 号 項  目 論文名 執筆者名
30-1(117) 巻頭言 ソーシャルワーク研究誌と岡田藤太郎先生 -大義と機能- 畠山 龍郎
30-1(117) 基調講演 社会福祉実践の大義と対象 岩田 正美
30-1(117) シンポジウム ソーシャルワーク実践の守備範囲  -社会福祉専門職の機能を問い直す-

島村 糸子
千葉 智正
田中 千枝子
司会:北川 清一

30-1(117) 論  文 ソーシャルワークの実践とは何ですか 松岡 敦子
30-1(117) 研究ノート 子どもを亡くした親の悲嘆とその支援 -Klass,Dの文献レビューを中心に- 金子 絵里乃
30-1(117) 研究ノート 自立生活を志向する障害者 ―介助者関係構築の方略とスキル 八巻(木村) 知香子 山崎 喜比古
30-1(117) 海外の動向 イギリスのソーシャルワーク専門教育について
-イギリスでStudent Social Workerとして学んで-
矢嶋 真希
30-1(117) 我が師を語る 坪上宏先生と方法としての実践記録 貝塚 レイ
金子 壽子
30-1(117) 海外雑誌論文 Social Work Vol.48 No.4 October 2003 横山 穰
30-1(117) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.33 No.7 October 2003 金田 知子
30-1(117) 書  評 実践記録研究会編『方法としての実践記録
-医療ソーシャルワークの現場から-』
中村 佐織 
30-1(117) 短  評 保正友子他著『成長するソーシャルワーカー -11人のキャリアと人生』 石川 久仁子 
30-1(117) 短  評

日本スクールソーシャルワーク協会編 山下英三郎著
『スクールソーシャルワーク -学校における新たな子ども支援システム-』

佐藤 豊道 
Vol.30 No.2 特集:ソーシャルワーカーと大学院教育 定価 1,260円(本体1,200円)
30-2(118) 巻頭言 私たちが忘れてきたもの 岩田 正美
30-2(118) 特集論文 専門職大学院とは何か -専門職大学院の現況と課題- 黒木 保博
30-2(118) 特集論文 アメリカにおける社会福祉教育 -歴史的発展と現況- 平山 尚
30-2(118) 特集論文 イギリスのソーシャルワーク教育の展開とその新たな動向 -アートからサイエンスへ?- 金田 知子
30-2(118) 特集論文 精神保健領域で働くソーシャルワーカーの大学院教育 木村 真理子
30-2(118) 特集論文 児童領域における大学院教育に求められるもの
-児童養護施設における実践理論研究を手がかりに-
北川 清一
30-2(118) 研究ノート 日本における児童虐待防止における在宅支援の課題
-市町村虐待防止ネットワークの個別事例ネットワーク会議のあり方-
加藤 曜子
30-2(118) 海外の動向 学校と家庭、地域をつなぐソーシャルワークの役割と課題
-トロント市教育委員会におけるスクールソーシャルワーカーを中心に-
鈴木 庸裕
30-2(118) 我が師を語る 重田信一先生の歩まれた道 遠藤 興一
30-2(118) 海外雑誌論文 Social Work Vol.49 No.1 January 2004 横山 穰
30-2(118) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.33 No.8 December 2003 金田 知子
30-2(118) 書  評 山崎美貴子著 『社会福祉援助活動における方法と主体 -わが研究の軌跡-』 畠山 龍郎
30-2(118) 書  評 山手茂著 『社会福祉専門職と社会サービス』 高田 玲子
30-2(118) 書  評 エドウィン・ジョーンズ他著・中野敏子監訳・編
『参加から始める知的障害のある人の暮らし -支援を高めるアクティブサポート-』
芝野 松次郎
30-2(118) 短  評 平山尚、武田丈他著『ソーシャルワーカーのための社会福祉調査法』 北川 清一
30-2(118) 短  評 R・H・ブレムナー著、西尾祐吾他訳
『社会福祉の歴史 -文学を通してみた他者援助-』
岩間 伸之

Vol.30 No.3 特集:社会福祉の動向とソーシャルワークの「機能」 定価 1,260円(本体1,200円)

30-3(119) 巻頭言 大義なきソーシャルワークの行く末 岩間 伸之
30-3(119) 特集論文 社会福祉基礎構造改革とソーシャルワーク機能 佐藤 豊道
30-3(119) 特集論文 ソーシャルワークの機能を問い直す
-改革期にみるソーシャルワークの本質-

岩間 伸之

30-3(119) 特集論文 「利用者本位」の援助とソーシャルワークの機能
-事例にみるソーシャルワークの機能-
新保 祐光
30-3(119) 特集論文 住民参加の促進とソーシャルワーク機能 藤井 博志
30-3(119) 特集論文 権利擁護活動とソーシャルワークの機能 梶川 義人
30-3(119) 特集論文 福祉NPOに期待されるソーシャルワーク機能 妻鹿 ふみ子
30-3(119) 論  文 中途障害者を理解する方法としてのライフストーリー研究の意義 田垣 正晋
30-3(119) 我が師を語る 岡村重夫先生と社会福祉学 松本 英孝
30-3(119) 海外雑誌論文 Social Work Vol.49 No.3 July 2004 横山 穰
30-3(119) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.34 No.3 April 2004 金田 知子
30-3(119) 書  評 南彩子・武田加代子著『ソーシャルワーク専門職性自己評価』 遠藤 克子 
30-3(119) 短  評 須藤八千代著『ソーシャルワークの作業場-寿という街』 加山 弾
30-3(119) 短  評

やどかりブックレット編集員会編、香野英勇著
やどかりブックレット・障害者からのメッセージ・11
『香野英勇Q&A・1あなたと私の響き合い』

久保 美紀
30-3(119) 短  評

やどかりブックレット編集員会編、傳田ひろみ・辰村泰治・五十嵐良・大嶋仁著
やどかりブックレット・障害者からのメッセージ・12『私らしく生きる』

久保 美紀 

Vol.30 No.4 特集:ソーシャルワーク実践とインクルージョン 定価 1,260円(本体1,200円)

30-4(120) 巻頭言 ソーシャル・インクルージョン特集に寄せて 石川 到覚
30-3(120) 特集論文 ソーシャル・インクルージョンの意義と課題 萩原 康生
30-4(120) 特集論文 ノーマライゼーションとインクルージョン

野村 武夫

30-4(120) 特集論文 障害者・児の自立支援と教育におけるインクルージョン的実践
-生涯的・包括的な地域生活支援を実現するソーシャルワークを求めて-
谷口 明広
30-4(120) 特集論文 インクルージョンの視点からみた外国籍住民への生活支援 門 美由紀
30-4(120) 特集論文 当事者の力とインクルージョン
-浦河べてるの家での取り組みから-
向谷地 生良
30-4(120) 特集論文 〈インクルージョン〉を促進する文化要素
-受け入れ、受け入れられる当事者としての一考察-
橋本 義郎
30-4(120) 研究ノート 社会的ひきこもりへのソーシャルワーク援助
-グループへの援助を通したひきこもりメンバーの変化と援助の考察-
山田 武司
30-4(120) 実践報告 学校におけるソーシャルワークアプローチの必要性と実際
-援助者の機能と役割を中心に-
野口 康彦
30-4(120) 我が師を語る 東北の地から発信された実践理論 〜大坂譲治先生を語る〜 北川 清一
30-4(120) 海外雑誌論文 Social Work Vol.49 No.4 October 2004 横山 穰
30-4(120) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.34 No.6 September 2004 金田 知子
30-4(120) 短  評 杉本貴代栄・須藤八千代編『私はソーシャルワーカー
-福祉の現場で働く 女性21人の仕事と生活-』
児玉 志保
30-4(120) 短  評

宮本義信著『アメリカの対人援助専門職
-ソーシャルワーカーと関連職種の日米比較-』

高杉 公人