Vol.26(No.1〜No.4) 2000年

Vol.26 No.1 特集:ソーシャルワークの実践と理論をつなぐもの (CD-R版 定価1,260円)

巻 号 項  目 論文名 執筆者名
26-1(101) 巻頭言 ソーシャルワークのゆくえ-「大義」と「機能」 岡田 藤太郎
26-1(101) 特集論文 ソーシャルワーク理論と実践をつなぐ 窪田 暁子
26-1(101) 特集論文 理論構築のための事例研究の方法 根本 博司
26-1(101) 特集論文 社会福祉の過渡期にみる専門家への現任訓練 福山 和女
26-1(101) 特集論文 「実践力を高める研修システム」の構築
-「医療ソーシャルワーカー専門講座」を創りあげて-
松山 真
26-1(101) 特集論文 大学院教育の実践と理論化-リカレント教育の試み- 石川 到覚
26-1(101) 特集論文 福祉事務所とケースワークの課題 六波羅 詩朗
26-1(101) 論  文 生活保護における「自立の助長」の位置づけの再考
-社会連帯の原理を手がかりとして-
嶋貫 真人
26-1(101) 論  文 介護支援専門員のあり方に関する一考察
-北米のケースマネジメント資格制度との比較から-
高良 麻子
26-1(101) 研究ノート 自立生活センターにおけるケアマネジメント
-ピアカウンセラーと介助コーディネーターとが果たす役割の違いについて-
圓山 里子
26-1(101) 人物紹介 実践から理論へ(自らを語る) 岡崎 仁史
26-1(101) 海外雑誌論文 Social Work Vol.45 No.1 January 2000 横山 穰
26-1(101) 海外雑誌論文 Social Policy and Administration Vol.33 No.3 September 1999 金田 知子
26-1(101) 書  評 岡田藤太郎著 『社会福祉学汎論』 牧里 毎治

Vol.26 No.2 特集1:1999年度公開シンポジウム報告
         特集2:コンピュータ活用について
 定価 1,260円(本体1,200円)

26-2(102) 巻頭言 コンピテンスを考える 牧里 毎治
26-2(102) 主題講演 ソーシャルワーカーとしてのアイデンティティ形成と教授法
-ソーシャルワーク実習のあり方を中心に-
松岡 敦子
26-2(102) シンポジウム ソーシャルワーク実践とスキル -専門性の獲得と教授法- G・渡部 律子
前田 ケイ
野村 豊子
司会:北川 清一
26-2(102) 特集論文 ソーシャルワークとコンピュータ 小山 隆
26-2(102) 特集論文 福祉実践とコンピュータの利用 高橋 信行
26-2(102) 論  文 特別養護老人ホームにおける処遇目標に関する分析的検討
-施設運営上の視点から-
倉田 康路
26-2(102) 研究ノート 社会福祉教育と現場実践の乖離状況、及び生活保護制度と
 その運用状況の問題点についての考察
木本 明
26-2(102) 研究ノート 山下のスクールソーシャルワークの独自の機能
-鵜養のスクールカウンセリングとの比較を通して-
比嘉 昌哉
26-2(102) 人物紹介 実践から理論へ(自らを語る) 千葉 智正
26-2(102) 海外雑誌論文 Social Work Vol.45 No.3 May 2000 横山 穰
26-2(102) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.29 No.6 December 1999 金田 知子
26-2(102) 書  評 フランシス・J・ターナー編/米本秀仁監訳
『ソーシャルワーク・トリートメント -相互連結理論アプローチ-(上・下)』
荻野 ひろみ
26-2(102) 書  評 R・A・ドルフマン/西尾祐吾、上續宏道共訳
『臨床ソーシャルワーク -定義、実践そしてビジョン-』
丸山 裕子
26-2(102) 短  評 前田ケイ著 『SSTウォーミングアップ活動集
-精神障害者のリハビリテーションのために-』
石川 到覚
26-2(102) 短  評 野辺明子、加部一彦、横尾京子編
『障害を持つ子を産むということ-19人の体験-』
茨木 尚子

Vol.26 No.3 特集:ソーシャルワーク実践としての家族支援 (CD-R版 定価1,260円)

26-3(103) 巻頭言 家族?シングル? 岩田 正美
26-3(103) 特集論文 現代家族と「家族支援」の論理 藤崎 宏子
26-3(103) 特集論文 児童虐待事例の家族支援のあり方 津崎 哲郎
26-3(103) 特集論文 保育所機能の多様化とソーシャルワーク 山本 真実
26-3(103) 特集論文 精神保健福祉実践現場の家族支援 牧野田 恵美子
26-3(103) 特集論文 高齢者とその家族へのソーシャルワーク実践をめぐる今日的課題 和気 純子
26-3(103) 特集論文 セルフヘルプ・グループはソーシャルワークとは無縁か
-特に家族の支援について-
中田 智恵海
26-3(103) 論  文 ソーシャルワークにおける「ストーリー」の思考
-「障害児の親」プロトタイプと「障害受容」の困難さをめぐって-
松倉 真理子
26-3(103) 研究ノート 効果的なスーパービジョンを支える4つの条件 石田 敦
26-3(103) 研究ノート 社会福祉施設職員のストレスとその対応
-施設現場の現状・問題点および今後の課題-
植戸 貴子
26-3(103) 研究ノート 「生活場面面接」研究の構造と課題
-『ソーシャルワーク研究』通巻95号における
特集 「生活場面面接」をめぐって-
小松 啓
26-3(103) 人物紹介 実践から理論へ(自らを語る) 橋本 泰子
26-3(103) 海外雑誌論文 Social Work Vol.45 No.4 July 2000 横山 穰
26-3(103) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.30 No.2 April 2000 金田 知子
26-3(103) 書  評

スーザン・ケンプ、ジェームス・ウィタカー、エリザベス・トレーシー著/
横山穰、北島英治、久保美紀、湯浅典人、石河久美子訳
『人-環境のソーシャルワーク 実践-対人援助の社会生態学-』

齋藤 順子

Vol.26 No.4 特集:アセスメントの技法とツール 定価 1,260円(本体1,200円)

26-4(104) 巻頭言 無題 堀越 由紀子
26-4(104) 特集論文 アセスメントにおける技法とツールの意味 松岡 敦子
26-4(104) 特集論文 ソーシャルワークにおけるアセスメント技法としての面接 岩間 伸之
26-4(104) 特集論文 支援ツールの意義と方法 太田 義弘
黒田 隆之
溝渕 淳
26-4(104) 特集論文 知的障害者のケアマネジメントと「アセスメント」
-地域生活支援・エンパワメントのツールとして-
石渡 和実
26-4(104) 特集論文 児童虐待への介入に際するリスクアセスメント・モデル 加藤 純
26-4(104) 論  文 「ポストモダニズム」と相対化されたsocial work theory
-契機としてのクリーヴランド児童虐待事件-
三島 亜紀子
26-4(104) 研究ノート 日本とドイツにおける介護福祉士養成校の学生たちの 介護意識の国際比較 三原 博光
横山 正博
26-4(104) 事例報告 イギリスにおける民間非営利組織の活動
-ハックニー自立生活チームを例に-
平野 綾
26-4(104) 人物紹介 実践から理論へ(自らを語る) 谷中 輝雄
26-4(104) 海外雑誌論文 Social Work Vol.45 No.5 October 2000 横山 穰
26-4(104) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.30 No.4 August 2000 金田 知子
26-4(104) 短  評 ポール・ウイリアムズ、ボニー・シュルツ著/中園康夫監訳
『セルフ・アドボカシーの起源とその本質』
久保 紘章
26-4(104) 短  評 野村武夫著 『はじめて学ぶグループワーク
-援助のあり方とワーカーの役割-』
北川 清一
26-4(104) 短  評 岩間伸之著 『援助を深める事例研究の方法』 堀越 由紀子
26-4(104) 短  評 M・ドゥエルほか著/中野敏子ほか監訳
『社会福祉実習をどう教えるか -英国の実習指導者のためのテキスト-』
堀越 由紀子