Vol.4(No.1〜No.4) 1978年
Vol.4 No.1 定価 840円(本体800円)
巻 号 項 目 論文名 執筆者名
4−1(13) 巻頭言

福祉社会の理想と現実
―ソーシャルワーカーの役割―

岡田 藤太郎
4−1(13) 論 文 精神科リハビリテーションの今日的課題 蜂矢 英彦
4−1(13) 論文抄訳 産業におけるソーシャルワーク実践 R.A.スキドモア
D.バルザム 著
O.F.ジョーンズ
亀田 悦子 抄訳
4−1(13) 事例研究 お嫁さんのホンネは 編集部
4−1(13) 研究ノート アメリカの精神衛生活動
―2年間の Berkeley での生活を通して―
依田 和女
4−1(13) 講  座 <ケースワーク研究 V>
課題中心ケースワーク(4) ―課題中心ケースワークモデルの適用―
山崎 道子
4−1(13) 特  集 本誌前顧問若林龍夫先生をしのんで ―その人と遺稿― 畠山 龍郎
4−1(13) 遺  稿 ソーシャルワーク序説 若林 龍夫
4−1(13) 書  評 上肢障害児福祉研究会編『サリドマイド児等両上肢障害児
―日常生活動作・教育・職業―』
編集部
4−1(13) 書  評 杉本照子、中島さつき編
『心理・社会的問題をもつ患者への援助』
編集部
4−1(13) 海外雑誌論文 Social Work Today Vol.9 No.6,7 1977 編集部
4−1(13) 海外雑誌論文 Social Work Research & Abstracts Vol.13 No.3 1977 編集部
4−1(13) 海外雑誌論文 Social Casework March,April 1977 編集部
4−1(13) 海外雑誌論文 Social Work September,1976 編集部
4−1(13) 世界のソーシャルワーカー紹介 <アメリカ>
E.W.トムソン氏
畠山 龍郎
4−1(13) 特別資料 Social Work Vol.22 No.5 1977 ―概念構成に関する特集号―
全米ソーシャルワーカー協会誌
畠山 龍郎
 
Vol.4 No.2 定価 840円(本体800円)
4−2(14) 巻頭言 公私協働 吉沢 英子
4−2(14) 論  文 社会福祉行政とソーシャルワーク
―児童相談所を中心として―
蕗原 孝
4−2(14) 論  文 社会福祉サービスにおける公的と民間の役割分担についての一構想 アルフレッド・
カーン 著
岡田 藤太郎 訳
4−2(14) 事例研究 逃げ出した患者 編集部
4−2(14) 研究ノート 社会福祉にとっての地域社会の意味
―地域福祉論についての一考察―
茂木 豊
4−2(14) 講  座 <ケースワーク研究 VI>
危機状況と,その介入 ―委託,紹介技術の再考―
山崎 道子
4−2(14) 書  評 岡田藤太郎著『社会福祉とソーシャルワーク(増補版)
―ソーシャルワークの探究―』
高森 敬久
4−2(14) 特別資料 Social Work Vol.22 No.5 1977 ―概念構成に関する特集号―
全米ソーシャルワーカー協会誌
畠山 龍郎
4−2(14) 文献紹介 ギルバート・スミス著『ソーシャルワークと組織社会学』 佐藤 豊道
4−2(14) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.7 No.4 編集部
4−2(14) 海外雑誌論文 Social Work Today Vol.9 No.19,20 1978 編集部
4−2(14) 海外雑誌論文 Social Service Review Vol.51 No.4 1977 編集部
4−2(14) 海外雑誌論文 Social Casework December 1977 編集部
4−2(14) 海外雑誌論文 Social Work November 1977 編集部
 
Vol.4 No.3 定価 840円(本体800円)
4−3(15) 巻頭言 マンパワーとソーシャルワーク 畠山 龍郎
4−3(15) 論  文 我が国の老人福祉サービスの現状と課題 田中 荘司
4−3(15) 論  文 多世代家族と働くためのモデル シルヴァーマン
カーン
アンダーソン 著
山崎 道子 訳
4−3(15) 論  文 日本における老人・家族・健康管理サービス
―その相関要因に関する概観―
亀田 ディター 著
畠山 龍郎 訳
4−3(15) 事例研究 建たない児童館 編集部
4−3(15) 研究ノート 病気と社会関係 ―事例研究を通して― 尾崎 新
4−3(15) 特別寄稿 国際連合アジア・太平洋社会福祉開発センターの
活動を通してみたアジア社会福祉の課題
小島 蓉子
4−3(15) 資  料 部落問題をめぐって  吉田 卓司
4−3(15) 資  料 大都市における老人福祉サービスについて 根本 嘉昭
4−3(15) 書  評 マーガレット・E・リッチ著/本出祐之、山本澄子、前田敏雄共訳
『家族ソーシャルワーク 家族福祉の発展 ―民衆に対する信頼―』
寺本 喜一
4−3(15) 特別資料 Social Work Vol.22 No.5 1977 ―概念構成に関する特集号―
全米ソーシャルワーカー協会
編集部
4−3(15) 海外雑誌論文 Social Work January 1978 編集部
4−3(15) 海外雑誌論文 Social Casework July 1978 編集部
4−3(15) 海外雑誌論文 Social Work Research & Abstracts Vol.14 No.1 1978 編集部
 
Vol.4 No.4 定価 840円(本体800円)
4−4(16) 巻頭言 社会福祉と文化 亀田 悦子
4−4(16) 論  文 日本医療社会事業における今日的課題 ―実践の視点から― 杉本 照子
4−4(16) 論  文 「医療チーム」にみるソーシャルワーカーの役割 深沢 里子
4−4(16) 事例研究 特別企画  誌上事例研究第2クールを終えて 編集部
4−4(16) 研究ノート いわゆる重症心身障害児(者)をもつ親の心理・社会的状況について 小笠原 真佐子
4−4(16) 書  評 大塚達雄、岡田藤太郎編『ケースワーク論』 大田 義弘
4−4(16) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.8 No.2 1978 編集部
4−4(16) 海外雑誌論文 The British Journal of Social Work Vol.8 No.3 1978 編集部
4−4(16) 海外雑誌論文 Social Work Today Vol.10 No.9 1978 編集部
4−4(16) 海外雑誌論文 Social Service Review Vol.52 No.1 1978 編集部
4−4(16) 海外雑誌論文 Social Service Review Vol.52 No.3 1978 編集部
4−4(16) 世界のソーシャルワーカー紹介 <韓国>
卓錬澤氏
伊東 よね
4−4(16) 特別寄稿 第4回日本医療福祉学会大会
パネル討論会「実りある失敗」から ―その1―
パネラー:
川端利彦
辻井正
大田仁史
谷川芳子
司会:長倉功